農薬や化学肥料 野菜宅配ランキング

生産者によって化学肥料や農薬使用量に違いが出る可能性も

一般的なスーパーでは、その野菜がどのような育ち方をしているのか、どんな土地で育ったのか、品種や作型はどうか、などの細かな部分までの情報を知りたくても、鮮度さえビニールに覆われて、よくわからない、ということのほうが多いですね。

最近では、肥料や農薬の使用について明記されることも多くなってきました。その表示のされ方ですが、「無農薬」「有機栽培」「無化学肥料」「減農薬」「減化学肥料」というようなものを目にされることが多いと思います。

ただし、これまでの表示では、「無農薬」とかかれてあっても、「無化学肥料」「減化学肥料」である、とは限りませんでした。また、「無化学肥料」は「無農薬」「減農薬」とも限らなかったのです。

さらには、「減農薬」「減化学肥料」の基準と言うのは、慣行農法の50%以下に、とされています。しかし、慣行農法で使用される農薬、化学肥料の使用の現状に関する一般的なデータは、ないといっても過言ではないでしょう。

すると、元のデータが確立されていない、ということになってしまいます。確立されていないデータの「50%」といわれても、それが多いのか少ないのか、判断に困ってしまいますよね。売られている野菜によっては、「減農薬」と書かれていても、生産者によって随分と、化学肥料や農薬の使用量に違いが出てくる可能性もある、ということになります。

以下も参考になりますよ。
青汁の残留農薬は危険?
青汁に興味がある方は見てみてください。

サルでもわかるFXはこちら